運輸安全マネジメントに関する取り組み

Safety Management
運輸安全マネジメント

平成30年4月1日

平成30年度 中央交通株式会社 運輸安全マネジメント

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 社長が主導的な役割を果たしながら「輸送の安全確保はわが社の根幹」であることを全従業員に対して認識させると共に徹底します。
  2. 社長は現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、全従業員に対して輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
  3. 輸送の安全に関する計画の策定(Plan)、実行(Do)、点検(Check)、改善(Act)の徹底により、絶えず安全性の向上に努めます。

2. 輸送の安全に関する重点施策

  1. 輸送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令および安全管理規定に定められた
  2. 輸送の安全に関する費用支出および投資を積極かつ効率的に行うよう努めます。
  3. 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます。
  4. 輸送の安全に関する教育および研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施します。

3. 輸送の安全に関する目標及び目標の達成状況

  1. 事故件数

    平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)

    区分目標実績
    人身事故0件0件
    物損事故0件11件
    健康起因事故0件0件
    飲酒運転0件0件

    ※人身事故、物損事故は有責事故の統計

    平成30年度(平成30年4月~平成31年3月)

    区分目標
    人身事故0件
    物損事故10件以下
    後退時事故3件以下
    健康起因事故0件
    飲酒運転0件
  2. 自動車事故報告規則第2条に規定する事故(国土交通省に報告が必要な重大事故)
    平成29年度  0件
  3. 乗務員の健康起因による事故
    平成29年度  0件

4. 輸送の安全に関する計画

  1. 運輸安全マネジメント会議の開催
    安全マネジメント委員(社長、安全統括管理者、統括運行管理者、運行管理者、整備管理者)が出席する「運輸安全マネジメント会議」を年に1回以上開催し、必要な情報や問題を管理者全員が共有できるよう安全管理体制の構築と維持に努めています。
  2. 乗務員教育計画
    全乗務員に年間教育計画に基づいて教育を実施しています。
  3. 運行管理者の教育と育成
    運行管理者は法令により定められた2年に1度の運行管理者講習の他、年に1度、自動車事故対策機構(NASVA)による運行管理者研修を実施し、更なるスキルアップを図ります。
  4. 3年に1度、自動車安全運転センターに全乗務員の「運転記録証明書」を申請し、定期的に交通違反点数を確認し、乗務員教育や事故防止に活用しております。
  5. ヒヤリ・ハット情報を速やかに乗務員が共有できるよう「ヒヤリ・ハット情報事例集」を月例ミーティングにて報告し、それをもとに指導を行っています。また、運行管理者はヒヤリ・ハット情報の報告を受けた後は速やかにドライブレコーダーでヒヤリ・ハット映像を取得し、安全教育に活用しています。
  6. 健康起因による事故防止のため、定期的に実施している睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査の他に脳MRI検診を新たに導入し、乗務員の健康状態の把握に努めます。
PAGE TOP